【人間関係力を磨く5つのコツ】社内外で評価されるためのヒント

直属の上司の指示を優先しろ!

 

会社という組織は、
役職が決まっている縦社会です。

 

 

平社員の上には係長がいて、
係長の上には課長がいて、
課長の上には部長がいて、、、

 

当然、役職が上になればなるほど、
権限が強くて「偉い」です。

 

 

では・・・

 

 

次のようなケースで、
あなたはどう判断しますか?

 

 

部長から仕事を頼まれた場合

 

 

ここでは、あなたが役職のない
平社員だとします。

 

あなたの直属の上司は係長ですが、
部長から直接あなたに、仕事の依頼が
ありました。

 

 

「●●君、大至急、これやってくれ!」

 

 

この場合に、あなたがどういう
行動をとるかで、上司との関係が
変わってきます。

 

 

まずは直属の上司に相談しろ!

 

 

部長は係長よりもずっと偉いことは
だれでも知っている事実です。

 

 

しかし・・・

 

 

だからと言って、いきなり部長の
指示を再優先して作業開始しては
いけません。

 

あなたの直属の上司は係長なので、
まずは係長に相談してください。

 

 

係長には係長で、プロジェクトとして
進行状況を管理しています。

 

そんなときに、あなたが、部長の指示とはいえ
勝手な行動をすると、係長が考えている
スケジュールと合わなくなってしまいます。

 

 

まずは、直属の上司に相談すること。

 

 

相談してもらえれば、係長としても、
何らかの対策を打てますし、、、

 

対策を打った上で、あなたが部長の
依頼をこなすことは問題ありません。

 

 

直属の上司を無視したような行動をとると、
上司とうまく付き合うことはできませんので
くれぐれもお気をつけください。