【人間関係力を磨く5つのコツ】社内外で評価されるためのヒント

小さな約束でもきちんと守れ!

 

上司が部下を評価するときの
評価基準はいろいろですが、、、

 

じつはちょっとしたことが、
大きな差を生む原因になっている
可能性があります。

 

 

カギとなるのは「信頼感」

 

 

上司は、部下の仕事ぶりを見て、
「できるヤツ」かどうかを判断します。

 

これはつまり、現時点での部下の実力を
評価しているということになります。

 

 

一方で・・・

 

 

たとえ仕事がイマイチでも、上司が部下を
高く評価することがあります。

 

それは、上司が、部下のことを
信頼している場合です。

 

 

信頼できる人物だと判断すれば、、、

 

たとえ今現在の仕事ぶりがイマイチでも
仕事を任せてみようと思うものです。

 

 

では・・・

 

 

具体的に、どうすれば、上司から
信頼してもらえるでしょうか?

 

 

小さな約束でもきちんと守れ!

 

 

「信頼感」というのは、日々の行動の
積み重ねからしか生まれません。

 

そのため、日々の行動の全てを
ひたすら誠実に行う必要があります。

 

 

例えば・・・

 

 

上司との約束は、どんな小さなことでも
誠実にこなすようにしましょう。

 

 

他に優先する重要なことがあっても、
少し時間を確保して、少しずつでも
進めるようにしましょう。

 

そして、進捗状況を、そのつど
報告するようにするわけです。

 

 

すると、もし最後まで作業が進んで
いなくても、上司は安心できますし、、、

 

あなたの人間性を信頼するように
なるわけです。

 

 

特別なことをする必要はなくて、、、

 

約束をきちんと守るという基本的なこと
だけで、評価がぜんぜん変わってきます。