【人間関係力を磨く5つのコツ】社内外で評価されるためのヒント

同僚をさりげなく助けろ!

 

自分の仕事だけで
手一杯かもしれませんが、、、

 

もしテンパってる同僚が
いる場合には、さりげなく
助けてあげましょう。

 

 

と言うのも・・・

 

 

仕事はチームで進めるものなので、、、

 

テンパっている同僚を助けること自体は
ある意味、当たり前のことだからです。

 

 

さりげなさが大切!

 

 

ここで気をつけたいことは、
「さりげなく助ける」ということです。

 

 

これみよがしに「手伝ってやる」という
態度だと、何かいやらしいですし、、、

 

「器(うつわ)」の小さい人間だと
思われてしまうからです。

 

 

テンパっている同僚を助けることは
ビジネスパーソンとして当たり前のこと!

 

↑↑↑

 

この信念のもとに、、、

 

業務の一環として
粛々と助けてあげるわけです。

 

 

積み重ねることで他の同僚とは一線を画した存在になる!

 

 

テンパっている同僚を助ける
ことを習慣にしていると、、、

 

自然と同僚から一目置かれる
存在になっていきます。

 

 

そして・・・

 

 

同僚から一目置かれるようになると、、、

 

上からの評価も格段に高まり、
他の同僚とは一線を画した存在に
なることができます。

 

 

一朝一夕にできることでは
ありませんが、、、

 

当たり前のこととして
コツコツ積み重ねていくことで
あなたの評価が高まります。